ぱいパニック

「ぱいニック」は、可愛い巨乳女子が、なんにでも挟まってしまうお話です。
トイレの窓に挟まったり、床が抜けて挟まったり、色んなものに挟まってしまい、それを助ける時に色々な事が起きます。

第1話は、トイレの窓に挟まるお話です。
とっても美人で、超巨乳の堀川さんが見ものです。

絵が生き生きしていて、おっぱいの弾力が伝わって来そうな感じですね。
ひどくアホらしい話なんですが、そのあほらしさで、ただひたすらに楽しめる内容になっていますよ。

この作品は、カスガ新先生の作品ではありませんが、大変おススメです。
お楽しみくださいね!

ぱいパニック
~挟まれたデカぱい~
↓↓↓無料立読みはこちら↓↓↓
ぱいパニック
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑
ぱいパニックをPCで見るには、こちら!

ぱいパニックのあらすじ・ネタバレ

堀川さんを好きになってしまった高橋は、いつも堀川さんの方を見ているのです。
今日も、堀川さんを見ていたのですが、さっきトイレに行ってからなかなか帰ってこないな...
なんて思っていたのですが、そんな時に火災報知器のベルが鳴り出したのです。

みんな避難を始めて、誰もいなくなったのですが、堀川さんがトイレからまだ帰ってきていないのです。
高橋は心配になります。

ぱいパニック
~挟まれたデカぱい~
↓↓↓無料立読みはこちら↓↓↓
ぱいパニック
↑↑↑画像をタップ!!スマホおよびPCOK↑↑↑

そして、高橋は、トイレを見に行くことにしました。
女子トイレを覗いてみると、大変な事になっているのでした。

そう、あの可愛い堀川さんが、トイレの小窓に挟まってしまっているのです。
何故って...高橋には理由が分かりません。

堀川さんは、火災報知器の音を聞いて、トイレから出ようとしたのですが、ドアが開かなかったのです。
そして、仕方なく、トイレの小窓から脱出しようと試みたのでした。

上半身までは外に出られらのです。
でも、下半身が小窓にひっかかってしまいました。

それで、堀川さんの胴体部分が、小窓に引っかかっている状態で、外れなくなってしまったのです。
そんな訳で、高橋の前には、小窓に挟まって、身動きできない堀川さんがいたのです。

高橋は、憧れの堀川さんの上半身を抱きしめて、引っ張ってみる事にしたのです。
最初はなんで高橋君が女子トイレに居るのか?
とか言って、非難していた堀川さんですが、火災報知器は相変わらず鳴り続けています。

ぱいパニック
~挟まれたデカぱい~
↓↓↓無料立読みはこちら↓↓↓
ぱいパニック
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑
ぱいパニックをPCで見るには、こちら!

高橋が堀川さんの上半身を引っ張ると、なんと、あれよあれよと言う間に、ブラウスが脱げてしまいます。
それでも、堀川さんはびくともしません。

そこで、高橋は、小窓の反対側に回って、下半身をお尻を抱きかかえて、引っ張る作戦に出ました。
すると、今度はスカートが脱げてしまい、さらにパンティーまでも脱げてしまったのです。

また、表に回って上半身を引っ張ると、今度はブラジャーが脱げてしまい、堀川さんは、すっぽんぽん状態になってしまいました。
すっぽんぽんで、小窓に挟まった堀川さんは、中々の見ものです。
何と言っても、この巨乳が窓の外で、ブラブラするシーンは見逃せません。

ぱいパニック
~ハメられたデカぱい~第2巻です
↓↓↓無料立読みはこちら↓↓↓
ぱいパニック
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑
ぱいパニックをPCで見るには、こちら!

そして、反対側はと言うと、下半身むき出し状態です。
高橋はガマンできません。

煙が漂ってきました。
早く助けないといけないと思うのは、私だけでしょうか?

そうです高橋は、火の手が迫って来ているのに、違う事を考えていました。
こんなチャンスは、2度と無いかも知れないと...。

そして、行動に出ます。
火事や煙なんてどうでもいい。
堀川さんとエッチ出来るなら死んでも本望だと...

高橋は、堀川さんのおっぱいを握りしめて、乳首をつまみます。
乳首を思いっきり、吸い上げてから、堀川さんの後ろ側に向かいます。

そうです、高橋は、ビンビンのムスコを堀川さんにあてがい、いきなりの挿入です。
堀川さんは、大慌てですが、高橋はズンズン突き進みます。

高橋の突き進む力は、どんどん加速してきます。
そして、なんと、その高橋の勢いで、堀川さんは小窓から抜け出る事ができたのです。

堀川さんは助かったのです...

ぱいパニックの感想

ぱいパニックは、なんといっても、アホらしさが良いですね。
こんなに、挟まる事は、現実ではほぼあり得ません。

そして、出てくる女の子が、みんな巨乳で、スタイル抜群と言うのも、最高です。
女の子の絵を見ているだけで、楽しくなってきます。

高橋君は、何と幸運なんでしょうか?
いつも、そんな巨乳の女の子たちと偶然出会い、楽しい思いをしてしまうのです。

そして、最後まで、やり遂げるところが、高橋君の良いところです。
私だったら、そこまではできないかも...と言う事を、どこまでもやってくれます。

何しろ痛快なお話ですので、皆さんも楽しんでみて下さい。

ぱいパニック
~堕とされたデカぱい~第5巻の最新作です
↓↓↓無料立読みはこちら↓↓↓
ぱいパニック
↑↑↑画像をタップ!!スマホ専用↑↑↑
ぱいパニックをPCで見るには、こちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ